• 2017.1.10
  • 体脂肪を燃えやすくするには。。 はコメントを受け付けていません。

体脂肪を燃えやすくするには。。


☆カギを握るのは副交感神経☆
内臓の働きは自律神経がコントロールしています。
副交感神経の働きが高まると、血流が良くなります。

すると体のすみずみにまで血液が行き渡り、細胞のひとつひとつに酸素や栄養が届きます。
そして胃や腸等の消化器官の働きを活発にさせるのも
副交感神経の役割です。

 

交感神経が活発な状態が異常に続いてしまうと
免疫力や代謝が低下したり、
食べたものが消化されずに老廃物が体内に蓄積されたり、
肥満の原因にもなり基礎代謝が低下します。

 

内臓機能が低下すると基礎代謝が低下し、
太りやすくなってしまいます。

 

低下した内臓機能を高めると
体脂肪が燃えやすい状態にすることができます。
交感神経が優位になりやすい現代自律神経のバランスを整え
内臓機能をアップする事が大切です。

 

ボタン今月のオススメ ボタンサロン概要
2Bバイオトリートメント バイオBifor Aftar 2Bバイオ口コミ
ボタンオートクチュール 毒素排出Nishiオリジナル
若返り美肌ホルモン活性小顔整顔
ボタンシンメトリー小顔整顔

ボタン身体ベーシック

引き締め引き上げアンチエイジング
deep-cleansing
massage
オススメ商品はこちら
ボタン自分TV

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る