甘い物が止められない(低血糖とは)



甘い物が止められない
お腹が空くとイライラする
食欲を我慢出来ない
甘い物を食べると落ち着くなどこんな症状はありませんか?

一見普通に思える感情は低血糖が考えられます。
低血糖は単に血糖値が低いという意味ではなく、正常な血糖値を維持できない危険な症状で健康診断では見つからないのも特徴です。
低血糖とは
炭水化物や甘い物を食べたり飲んだりした時に血糖値がグンと上がります。するとインシュリンが出て血糖値を下げますがこれを頻繁に繰り返す事で乱高下が激しくなり炭水化物や甘い物を摂って血糖値が下がり過ぎてしまった時にイライラや頭痛、目まいや震え、動悸などを起こす症状です。誰にでも起こりうる症状ですので、自覚症状のある方は注意が必要です。

低血糖状態では血中のブドウ糖が不足することにより、冷静な思考・判断が難しくなります。またその際に防護策として分泌される血糖上昇ホルモンは、ダイレクトに感情面へ影響を及ぼします。

初期症状
疲労感・不眠・集中力の低下・頭痛・神経過敏・不安・恐怖感・めまい・拒食や過食等ですが、悪化すると感情がコントロール出来なくなるばかりか、発作的に泣く・暴れる・精神錯乱・幻聴・幻覚・自傷行為・自殺観念など、顕著な精神症状を呈します。

低血糖は日頃の食生活が原因です。
食生活が同じですとご家族で低血糖と言うのはよくある事で、昨今ご家族でうつと言う話も良く聞きますが甘い物や炭水化物をよく摂取しているのであれば低血糖かも知れません。低血糖が原因だと抗うつ剤など飲んでも改善しませんしますます身体を壊してしまいます。

まずはチェックをしてみましょう。
1.疲れやすく、いつもだるい
2.夕方に強い眠気を感じたり、集中力が落ちたりする
3.空腹になると食べずにいられない時がある
4.イライラしがちで、自分をコントロールできない
5.太りやすい、痩せにくい
6.夜よく眠れず、日中とても眠い
7.夜中に目が覚めて、何かを食べる時がある
8.甘いもの・炭水化物を摂らないと落ち着かない
9.安定剤や抗うつ剤を使用してもあきらかな症状の改善がない
いくつありましたか?
ちなみに4と8はどちらかでもひとつ当てはまるだけで低血糖です。


低血糖を繰り返し糖尿病や高血糖になる事もあります。
改善する薬はなく食生活を改善するしかありません。

低血糖の予防・改善
私達の身体は食べた物で出来ているので食生活が悪いとどんな不調も起きておかしくありません。誰からも分かってもらえず病院に行っても誤診されたりして辛い思いをする事もありますが逆に言えばお食事改善するだけで元気になる事が多いのでトライなさってみてくださいね。


イライラやうつなども腸内環境が影響して
いますし自律神経もホルモンバランスの
崩れも腸も関係します。

食べた物の消化吸収をきちんとする為にも
血流を良くし
血管を丈夫にする為にも
腸だけでなく内臓機能を整え、
筋肉のこわばりをほぐし
呼吸がしっかり出来るしなやかな肋骨や
歪みのない姿勢になる事も大切です。
体調を整える事で性格まで変わります。

根本的に改善するには
今の状態を改善しながら
食生活と生活習慣を変える事が必須です。

美容矯正サロンNishi☆では
お顔の歪みや身体の歪み、
骨や筋肉筋膜だけでなく
内臓機能をアップし
自律神経・ホルモンバランスを整え
 
バランスの取れた腸内フローラや
血管美人を目指し
美肌、若返りの為に体質改善含め
トータルでお手伝い致します。

ボタン今月のオススメ ボタンサロン概要
2Bバイオトリートメント バイオBifor Aftar 2Bバイオ口コミ
ボタンオートクチュール 毒素排出Nishiオリジナル
若返り美肌ホルモン活性小顔整顔
ボタンシンメトリー小顔整顔

ボタン身体ベーシック

引き締め引き上げアンチエイジング
deep-cleansing
massage
オススメ商品はこちら
ボタン自分TV

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る