ストレスに打ち勝つ食品


ストレスに打ち勝つ食品

「マグネシウム」
くるみ、ピーナッツ、アーモンド等に含まれるマグネシウムにはストレスホルモンと呼ばれている「コルチゾール」の数値を低下させる作用があります。
また
ナッツ類の油である「オレイン酸」や「リノール酸」は悪玉コレステロールの数値を低下させ動脈硬化予防に効果があると言われています。
※カロリーが高いので食べ過ぎには要注意。

「オメガ3系脂肪酸」
サバなどの青魚やサーモンなどのオメガ3系脂肪酸にはダイエット効果や脳の働きを高める作用があるだけでなく鬱病やストレス解消にも効果がありますが現代人に圧倒的に不足していると言われる栄養素です。酸化しやすい。

「コレステロールとタンパク質」
コレステロールは身体がストレスと戦うのに必要な副腎皮質ホルモンの原料になります。
ストレスにさらされると数種類のホルモンが盛んに分泌されたんぱく質の分解を促進させます。
タンパク質…肉類、魚介類、大豆、大豆製品

「ビタミン」
ストレスにさらされると抗酸化機能が低下し抗酸化ビタミンβカロテン、ビタミンC、Eが不足します。
また
ストレス時に分泌されるホルモンの合成にはビタミンB群、Cが必要です。

ビタミンB群が不足すると皮膚や粘膜や血管などに異常生じ不安神経症(不安感にかられやすい病気)を発症しやすく、ストレスがより悪化します。
ビタミンB群は脳・神経の調子を整え、ノイローゼや鬱病、ストレスを改善してくれる作用があります。
アボガド・桜えび・鰹節には「ビタミンB群」がとても豊富です。

 

ビタミンβカロテン…にんじん、かぼちゃ、トマトなど、赤色をしている緑黄色野菜
ビタミンC…赤ピーマン・黄ピーマン・柿・ケール・にがうり・芽キャベツ・アセロラ・キウイ・いちご
ビタミンE…サンフラワー(べにばな)油・アーモンド・ヘーゼルナッツ・ひまわりの種・あんこうのきも・あゆ・うなぎ・たらこ・かぼちゃ・赤ピーマン

ビタミンB1…豚肉・うなぎ・たらこ・ナッツ類  
ビタミンB2…豚レバー・鶏レバー・牛レバー・うなぎ・牛乳
ビタミンB6…かつお・まぐろ・牛レバー・さんま・バナナ
ビタミンB12…牛レバー・鶏レバー・カキ・さんま・あさり・にしん
葉酸…菜の花・枝豆・ほうれん草・からし菜・レバー類
ナイアシン…たらこ・かつお・レバー類・びんながまぐろ・落花生
パントテン酸…レバー類・鶏もも肉・にじます・子持ちがれい・納豆
ビオチン…レバー類・いわし・落花生・卵・にしん

~・~・~・

ストレスに強いかどうかメンタル菌で今のあなたの腸内環境が分かります。

腸内環境検査キットで分かる菌
アンチエイジング菌・美肌菌・整腸菌・ダイエット菌・メンタル菌・多様性・悪玉ケアー

それぞれの菌の結果によって改善方法が違います。

腸内環境を調べあなたに合った効果的な食事や生活習慣などが分かります。ご希望の方には貧血・低血糖・代謝・酸素不足かどうかなども合わせてチェックしアドバイス致します。

イライラやうつなども腸内環境が影響していていますし自律神経もホルモンバランスの崩れも腸も関係します。

食べた物の消化吸収をきちんとする為にも血流を良くして血管を丈夫にする為にも腸だけでなく内臓機能を整え、筋肉のこわばりをほぐし呼吸がしっかり出来るしなやかな肋骨や歪みのない姿勢になる事も大切。体調を整える事で性格まで変わります。

根本的に改善するには
今の状態を改善しながら食生活と生活習慣を変える事が必須です。

美容矯正サロンNishi☆では
お顔の歪みや身体の歪み、骨や筋肉筋膜だけでなく
内臓機能をアップし自律神経・ホルモンバランスを整え
 
バランスの取れた腸内フローラや血管美人を目指し
美肌、若返りの為に体質改善含めトータルでお手伝い致します。

ボタン今月のオススメ ボタンサロン概要
2Bバイオトリートメント バイオBifor Aftar 2Bバイオ口コミ
ボタンオートクチュール 毒素排出Nishiオリジナル
若返り美肌ホルモン活性小顔整顔
ボタンシンメトリー小顔整顔

ボタン身体ベーシック

引き締め引き上げアンチエイジング
deep-cleansing
massage
オススメ商品はこちら
ボタン自分TV

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る