自律自経系、内分泌系を正常に働かせ免疫力を上げストレスに対抗し若返る


ストレス社会。私達は日々ストレスにさらされています。
私達の身体は、自律自経、内分泌、免疫の3つの働きのバランスを保つことでストレスに対抗し健康を維持しています。

○ 自律神経
体の働きを調整する
(交感神経・副交感神経)

○ 内分泌
ホルモン分泌をつかさどる
(副腎・甲状腺・性ホルモン)

○ 免疫
外部から進入する異物から守る
(顆粒球・リンパ球)

脳から神経を通じて出される指令によって身体は動いています。

自律自経系
脳の指令を受けますが動かそうという意思とは無関係に各器官を働かせています。
呼吸、心拍、血圧、体温、発汗、排尿など自律神経が調節していて、その働きのお陰で眠っていても生命が維持されています。

○ 自律神経が支配している器官
心臓・腎臓・肝臓・脾臓・胆嚢・小腸・大腸・胃・十二指腸・膀胱・瞳孔・血管・立毛筋・汗腺・子宮・卵巣・嚥下etc

自律神経には交感神経と副交感神経があります。
○ 交感神経
労働・闘争・運動・興奮・緊張感・恐怖感・危機感等の時に働きます。

朝太陽が昇るとともに少しずつ活発になり朝すっきりと目覚め、日中頭も身体も活発に動き夕方から夜につれ段々と働きが弱くなります。日中にしっかりと動けるのは交感神経のお陰でもあります。

頭を使ったり運動など身体を使うとき(ストレス)、脳も筋肉も、働くには糖や酸素が必要になる為、交感神経からノルアドレナリンが分泌され、その刺激を受け副腎髄質から、アドレナリン・ノルアドレナリンが分泌して血糖値を上げ、血管を収縮させ(血圧が上がる)、心拍数を上げて脳や筋肉糖や酸素が届くように働きます。

イライラやストレスが多いだけでなく
鉄分が少ない、甘い物大好き、休む暇なく動いている、アクティブな人、運動を良くする人なども交感神経優位になります。

交感神経優位が続くと睡眠障害、消化吸収の低下、高血圧、高血糖、血流の低下、免疫機能の低下、食欲減退、便秘などの不調をきたします。

○ 副交感神経
睡眠中・休んでいる時・リラックス時・内臓が動いている時などに働きます。

主な仕事は、体を修復する(成長ホルモン促進)ことです。

太陽が沈むとともに少しずつ活発になってきて、夜寝ている時に働きがピークとなります。

交感神経が働いている日中は副交感神経は休み、副交感神経が働く夜は交感神経は休みます。

このバランスが乱れ日中に副交感神経が働くと頭がボッーと眠くなり身体も活発に動けなくなります。

夜になっても交感神経が働くとなかなか寝れなくなります。
寝ている間に成長ホルモンが分泌され細胞を修復します。

身体を修復する為に毛細血管が栄養素や酸素、ホルモン、免疫細胞など必要な物質を細胞の隅々まで運びます。その際、副交感神経は血管を拡張して、体の隅々にまで血液が送れるようにします。

内蔵を動かすのも副交感神経の働きです。
すい臓から分泌されるインスリンは血糖値を抑制しますが脂肪を溜め込むホルモンでもあります。

副交感神経は免疫のリンパ球が活発になり菌やウイルスを撃退します。

優位になり過ぎるとアレルギー、脂肪が付きやすくなります。

やる気が出なくなったり、うつ症状も出るので自律神経はバランス良く機能する事が大切ですね。

内分泌系
副腎はホルモンを生産、分泌する内分泌器官です。

○ 副腎
○ 副腎皮質ホルモンの働き
血糖値の維持
免疫機能の調整
血圧の調整
神経系のサポート
骨の代謝
ビタミンCの貯蔵など

ストレスがかかると脳からの指令を受けコルチゾールホルモン(ストレスホルモン・ステロイドホルモン)やアドレナリンの分泌が促進されます。

・コルチゾール
ストレスから受けた炎症反応を消します。代謝活動や免疫を活性化させ体をストレス状態から守ります。生きていくのに絶対必要なホルモンで健康と若さに大きく関与しています。

ストレス(炎症)が多く副腎が働き過ぎると副腎は疲労しコルチゾールが減少。
ストレス(炎症)に対抗出来ずストレスに弱い体質にもなります。

コルチゾールが過剰に分泌されると自律神経のバランスを崩すだけでなく、血圧や血糖値が上がり過ぎてしまい、結果的に免疫力を低下させることになります。

炎症が増えコルチゾールが出過ぎている状態か副腎が疲労しコルチゾールが減少している状態かで症状や改善法が違います。
副腎疲労の症状

・睡眠にも大きく関わっていて
4時~6時頃からコルチゾールホルモンが出て交感神経が働き、朝すっきりと目が覚めます。

8時頃ピークになり段々夜につれ下がり交感神経から副交感神経にスイッチが切り替わり身体は休むモードに入ります。

そして睡眠ホルモンのメロトニンが21時ころから出て夜、眠くなりますが副腎疲労でコルチゾールホルモンの分泌が崩れメロトニンが3時4時に分泌されると睡眠障害を引き起こします。

副腎が疲労すると睡眠障害、脳の疲労、体力気力の低下など様々な不調を引き起こしますし、細胞が修復されず老化の原因になります。

・男性ホルモンと女性ホルモンを分泌する。

女性ホルモンは男性ホルモンから作られ男性ホルモンは生涯作られます。

閉経後はエストロゲンがほぼ出なくなる為、副腎から分泌されるホルモンに頼る事になります。

副腎が元気だと 更年期もスムーズに向かえる事が出来ます。

副腎が疲れこのホルモンも少なくなると更年期が酷くなり老化も進みます。

副腎大切です!

30代で更年期症状に悩まされている方達が多くなりましたがこれは副腎疲労が考えられます。

・アルドステロン
塩分、カリウム、水分のバランスを保つのに重要な役割をします。

○ 副腎髄質
・ノルアドレナリン
・アドレナリン
・ドーパミンホルモンが分泌

ノルアドレナリン、アドレナリンは
心臓や血管をはじめ全身の機能が正常に働くのにいろいろ重要な役割を持っています。

非常時に血圧を上昇させたり、心臓から血液を送り出す力を強めたり、エネルギー源としてブドウ糖を血中に増加させたりする重要な働きをします。
アドレナリンは脂肪を溜めるのが苦手。食べても太れない事に。
心拍数上げて脳に酸素と栄養を持って来る(アドレナリン増える)ので下半身の血液が減る(胃・肝臓・腸・腎臓・子宮・卵巣の血流が減る)
筋肉を燃やしエネルギーに変えるので筋肉が減り脂肪は減らない。

交感神経が優位になります。

ドーパミン、セロトニンが減少すると
ドーパミン、セロトニンが作られず不安感が強くなったり気分が落ち込むなどの抑うつ状態になります。

何をしても楽しくない。何もかもが面倒になります。

その他にホルモンを生産、分泌する内分泌器官は
下垂体・松果体・甲状腺・卵巣や精巣・すい臓などがあります。

内分泌器官の土台でもある副腎が疲労すると甲状腺ホルモン、卵胞ホルモンは大きく影響を受けます。

甲状腺機能が低下すると
白髪や抜け毛が多くなる、ツヤがなくなったり髪が細くなったり、パサつきなど髪質が悪くなる、ターンオーバーの低下、肌の乾燥やしわ、たるみが増える、爪が割れやすくなる、身体の冷え、むくみ、体重の増加、なかなか痩せなくなる、免疫力が低下し風邪を引きやすくな、目の奥が痛いくなったり重く感じるetc

免疫
細菌やウイルス、ほこりや汚染物質など有害物質を身体から排除し守る防護システムです。

免疫機能が正しく作用していれば、健康で若々しくいられます。

ストレスが過剰になったり生活習慣が乱れたりすると、正常に機能できなくなります。

免疫が正常に機能するための鍵となるのは、自律神経や副腎の働きに大きく作用されます。

ストレスが全くなくても副腎は育たず、交感神経が働かなくても不調が出ますが

長期間にわたって強いストレスにさらされると、自律神経の働きが乱れ、常に交感神経ばかりが優位になってしまいます。

ストレスに対抗するコルチゾールも減少してしまい免疫機能が低下します。

自律自経系、内分泌系を正常に働かせ免疫力を上げストレスに対抗し若返るには

規則正しい生活・正しい食生活・良質な睡眠・適度な運動・よく笑い考え過ぎず笑顔で生活する・リラックスを心がける・身体を温める・身体を緩め整える事が大切です。

※実際は炎症が増えコルチゾールが出過ぎている状態か
副腎が疲労しコルチゾールが減少している状態か
アドレナリン過多になっているかなどその他諸々あるので症状や改善法は人によって違います。

※身体がこわばり歪んでいると体液(血液・リンパ液・脳脊髄液)が滞ってしまいます。
体液(血液・リンパ液・脳脊髄液)が滞ってしまいます。
毛細血管が酸素や栄養、免疫細胞、神経、体温を細胞に届けているので滞ると十分な酸素や栄養や免疫細胞、神経、体温が隅々の細胞まで届かなくなり代謝が低下します。

元気でないと何も出来ないし楽しみも半減しますね。
健康第一♪

毛細血管を見るとストレス状態にあるか分かりますよ。
体質チェック、毛細血管測定しております。


筋肉の緩み・体温・自律神経など科学的に効果を証明されているエビデンスがある手技を取り入れ
首肩、背中、腰、股関節などの痛み改善し未だに快調、心も緩むと大好評♡

頭や身体を緩め整えるオススメのコース
☆超熟睡・頭蓋骨解放コース
☆シンメトリー小顔整顔
☆身体ベーシックコース

2020年お年玉キャンペーン(1/31まで)

健康で若く美しく笑顔溢れる人生の為に♡

お電話でのご予約はコチラ
(施術中は留守電となっておりますので、お手数ですがお名前とご用件を残して頂ければ後程折り返し電話致します)
03-5350-0538

ThHv9iU1a3WeAw21419475302_1419475586

「施術」で
筋肉や骨格、内臓機能の働きを整え
血流を良くし
自律神経・ホルモンバランスを整え

体質チェックと毛細血管測定で
状態を見て
「生活習慣のアドバイス」をし
根本からの美肌作り
細胞の老化改善を図ります。

健康第一!
健康の先に美容があります。
たるみやしわ・シミを改善し 
不調がなく元気に過ごせる身体
お薬に頼らずに済む身体
理想の体型になり維持できる身体

元気に美しくが私の願いです♡
   
美容矯正サロンNishi☆では
お顔の歪みや身体の歪み
骨や筋肉筋膜だけでなく
内臓機能をアップし
自律神経・ホルモンバランスを整えながら

体質チェックし
根本的に改善するアドバイスをさせて頂きます。
   
バランスの取れた腸内フローラや
血管美人を目指し
美しく若返る為に体質改善含め
トータルでお手伝い致します。

美容矯正サロンNishi☆
西 弘子

ボタン今月のオススメ ボタンサロン概要
2Bバイオトリートメント バイオBifor Aftar 2Bバイオ口コミ
ボタンオートクチュール 毒素排出Nishiオリジナル
若返り美肌ホルモン活性小顔整顔
ボタンシンメトリー小顔整顔

ボタン身体ベーシック

引き締め引き上げアンチエイジング
deep-cleansing
massage
オススメ商品はこちら
ボタン自分TV

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る